読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんの部屋

日々の出来事や感じた事、考えている事をゆるく綴っていきます☆

はじまりは環境の設定から【長所を最大限に活かす】

こんにちは。サラリーマンブロガーのじゅんです。

 

 

最近の出来事で、普段過ごす環境が人にいかに影響を及ぼすかが分かる出来事があった。

 

 

プロ野球NPB)の日本ハムファイターズ大田泰示選手という選手がいる。

 

 

大田選手は2008年にドラフト1位で読売ジャイアンツに入団、翌年2009年のキャンプから注目を集めた。

 

 

元々生まれ持った潜在的なパワーを活かした思い切りのいいバッティングが魅力の選手だが、前シーズンまで所属していた読売ジャイアンツのバッティング戦略が『コンパクトなバッティング』。

 

 

読売ジャイアンツは、バッティングのチーム戦略として一発を狙う力強いスイングより、確実にミートをしヒットを狙っていくスイングに重きを置いていた。

 

 

そんな中、大田選手は自身の持ち前の力強さや思い切りのいいスイングから所属チームである読売ジャイアンツのチームのコンセプトであるコンパクトバッティングへ移行せざるを得なくなった。

 

 

大田選手が読売ジャイアンツに所属していた2016年シーズンまでの8年間でホームラン数は合計9本。

 

 

単純計算で1年で1.125本だ。

 

 

大田選手は非常に苦しんでいた。

 

 

なぜなら、彼の強みが消されかけていたからだ。

 

 

本来の強みである力強いバッティングをする事とチーム戦略であるコンパクトバッティングの狭間で大田選手はもがいていた。

 

 

そんな大田選手に大きな転機が訪れる。

 

 

2017年の今シーズン、読売ジャイアンツから日本ハムファイターズへトレード移籍をしたのだ。

 

 

日本ハムファイターズへ移籍して大田選手が常に意識している事が『自分の力を100%ボールに伝えるスイングをすること』だそうだ。

 

 

2017年5月19日現在、大田選手のホームラン数は5本。

 

 

わずか3週間あまりで5本だ。

 

 

おそらく、このペースで行けば今シーズンのペナントレース終了時には読売ジャイアンツ時代の8年間のホームラン数は超えるだろうと思われる。

 

 

 

 

では大田選手の何が変わったのか。

 

 

毎日行っている練習やルーティンワークは読売ジャイアンツ時代から大きくは変わらないはずだ。

 

 

環境が変わったのだ。

 

 

大田選手の長所を活かすことができる環境が確実に変わった。

 

 

よく

考え方が変われば行動が変わる。

行動が変われば結果が変わる。

結果が変われば運命が変わる。

という。

 

 

その『考え方』が変わるのは環境が変わるからではないだろうか?

 

 

まわりにいる人や暮らす地域、自分の置かれた立場が変わるから考え方が変わる。

 

 

そして注視してほしい事は、環境は変えようと思えば変える事ができるという事だ。

 

 

今一度、自分の長所を最大限に発揮できる環境の大切さを感じていきたい。

ブログを通じて伝えたい事

こんにちは。真面目ブロガーのじゅんです。

 

 

このブログを見に来てくださっている方には、なるべく等身大の私を見てもらいたい。

 

 

ここでは自分の本音や思っている事をなるべく加工せずに書いている。

 

 

本来、ブログとはそういう場であってほしいと思うのだが、中にはキャッチな表現や流行りの言葉を使い、飽和する情報の渦から探し出してもらう事だけを目的としている書き物も多い。

 

 

ここでは、私の物事に対する考え方をありのままに、そしてストレートに伝える場にしていきたい。

 

 

なので、このブログも時には読み手の方からするとちょっと理解できない事や、読み手の方の考えと違う部分もあるはずだ。

 

 

それは至極当然であり、あって然るべき事だ。

 

 

人の価値観は各々で違って当然であり、それを無理矢理従わせるものでもない。

 

 

私も自分の価値観の押し売りをするつもりは毛頭ない。

 

 

要は価値観は人それぞれで違う事を本質的に理解し、他人の価値観を理解する事が大切だ。

 

 

価値観を理解するという事は、他人そのものを理解する事と同義である。

 

 

他人を理解し、価値観を受け入れ自分の行動に活かすのだ。

 

 

他人の価値観を知るという事を通じてインプットをし、それが知識として集積される。

 

 

知識は持っているだけならばやがて陳腐化してしまうが、その知識の取捨選択で行動をし起こし、活用する事によって知識は知恵へと昇華するのだ。

 

 

生きていくためには知恵が必要だ。

 

 

いや、言い方を変えるならば、より良く生きていくためには知恵が必須なのだ。

 

 

このブログは、訪れてくださった方がブログを通じて行動する勇気をもらったり、やる気を出す事ができたり、何か解決のヒントになる気づきになればと願っている。

 

 

そんな一助になりたいという想いがこのブログにはある。

 

 

これまでの私のつたない経験や考え方を沢山の方に読んで頂き、この場を毎日明るく楽しく過ごすきっかけにしてもらえるのならこんな嬉しい事はない。

礼節さを欠いてないですか?

どうも。サラリーマンブロガーのじゅんです。

 

 

街中歩いていると、たまに失礼な人に出くわしませんか?

 

 

昨日も日本橋で信号待ちをしているときに出くわしましたよ。

 

 

イタリア人の男性から声掛けられました。

 

 

『ワタシイタリアジンナンデスガ、メイシコウカンシテモラエマセンカ?』

 

 

 

 

うーん、まさに意味不明(笑)

 

 

イタリア人なのは100歩譲っていいとしよう。

 

 

ま、顔もそこそこのイケメンだ。

 

 

スーツをタイトに着てるので見栄えも悪くはない。

 

 

外見だけ見たら日本人が連想しそうなイタリア人。

 

 

でも、なんで名刺交換せにゃならんの? 

 

 

イタリア人ですが~名刺交換、のくだりがあまりに突然すぎて笑ったわ(笑)

 

 

会社の新人に、街中へ行ってできるだけたくさんの人と名刺交換してこい的なやつか?

 

 

それって会ってすぐに連絡先交換してくださいって言ってるようなもんだよ。

 

 

大体、自分の事名乗ってこない奴に何でいきなり名刺渡さなければならないんだ(笑)

 

 

ただでさえ個人情報の取り扱いが厳しくなっているこのご時世に思い切ったことをする外人だ。

 

 

まさか、イタリアで流行ってるのか?

 

 

一応調べてみよ。

 

 

ググってみたが、イタリアでそんなムーブメントは一切ナシ

←あたりまえ

 

 

外人だから分からないのかな?

 

 

いや、外人だから何を言っても大丈夫だと思ったのか?

 

 

こういう人にはそれなりのお返しを。

 

 

 

 

『名刺交換した事ないんです』

 

 

イタリア野郎『ア、デスヨネ!』

 

 

 

 

ですよね!じゃないよ(笑)

 

 

 

 

おい、こっちはどう見てもビジネスマンだぞ(笑)

 

 

した事ないわけないだろ。

 

 

突然の声掛けで名刺交換した事ないって思ってるのかな?

 

 

それで、ですよね!、の流れなら分からなくもない。

 

 

あ、イタリアの芸人か何かか?

 

 

一応調べてみよ。

 

 

うん、やはりいない。。。

←あたりまえ

 

 

その後、そのイタリア野郎はスミマセンと言ってその場を立ち去った。

 

 

あれはなんだったのか。

 

 

夢?

 

 

幻?

 

 

いや、紛れもなく現実だ(笑)

 

 

 

 

当たり前の事だが、日本人でも外国人でも礼節は必要だ。

 

 

そして、最低限のモラルをも持ち合わせていないと分かったなら相手にしなくてもいい。

 

 

人のふり見て我がふり直せじゃないけど、このような人は結構いると思う。

 

 

  • 自分の利益だけ考える人。
  • 人の気持ちを無視する人。
  • 目的達成には手段を選ばない人。

 

 

まわりを見てみると身近にいたりする。

 

 

改めて考えてみると皆様のまわりにもいないだろうか。

 

 

こういう人は相手にしないのが一番だけど、執拗にきた時は考えないとね。

 

 

今回は面白おかしく対応したけど、もちろんそんな状況じゃない時もある。

 

 

そんな時は相手のレベルまで下がって対応する必要はない。

 

 

何故ならそんな低いレベルまで下りるのも面倒だし、そんな時間ももったいないからだ。

 

  

俗に言う大人の対応というものを身に付けなければならない。

 

 

さりげなく、それでいて当たり障りなくする知恵が必要だ。

 

 

このへんの話はまた今度しようと思う。

 

 

礼節さは、いつ・どんな時に試されるのか分からない。

 

 

要は準備が大切なのだ。

 

 

www.luckyaru15.com

 

 

 

普段から意識しておきたいと改めて思った昼下がりの出来事だった。

 

 

イタリアが当分好きになれないかもしれない(笑)

 

美容室でのコミュニケーション【皆さんは美容師さんと話す派?話さない派?】

こんにちは。ゆるゆるブロガーのじゅんです。

 

 

突然ですが、皆さんは美容室へ行って美容師の人と話しますか?

 

 

自分は話す派なんですが、中には雑誌を見たまま無言で座っている人もいると思います。

 

 

人見知りでなかなか話しずらい人や、たまの休暇で来てるのにほっといてくれって人もいるでしょう。

 

 

実は自分も後者だったんです。

 

 

だった、って過去形になってますが。

 

 

話しかけてくる美容師さん見てるとほっといてよー、なんて時期がありました(美容師さんスミマセン)。

 

 

ただ、せっかく座ってマンツーマンでコミュニケーション取れる時間なのにもったいないと思うようになり、どうしたらこの時間を有意義にできるのかを考えました。

 

 

なんでそんな考え方になったのかはまた別の機会に話しますね。

 

 

美容師さんっていろんな職種の人を相手にしますよね。

 

 

自分みたいな一介のサラリーマンではなかなか出会えないような人とも話す機会があると思います。

 

 

要は様々な情報を、それも活きた旬の情報を持ってるのが美容師さんなんですね。

 

 

老若男女問わず接客し、臨機応変に対応している美容師さんて職業は凄いですよね。

 

 

そんな美容師さんと仲良くなって楽しい時間を、そして、活きた情報をgetしたいと思いませんか?

 

 

もちろん、その情報をどう活用するのかも大事だと思うんですが(笑)

 

 

美容師さんと仲良くなり、かつ有意義な時間を過ごす方法。

そして、あの気まずかった(でいいのか笑)時間を有効的に使う方法。

 

 

それは、

 

 

 

 

 

美容師さんを指名する。

これだけです。

 

 

できれば店長クラスの方がいいと思います。

技術は高いし、話も面白いしね。

 

 

外見で決めたっていいと思うし、共通点がありそうな人でもいいんじゃないでしょうか。

 

 

美容師さんも客商売なので、指名されて悪い気しないですよね。

そればかりかいろいろ気を遣って貰えますよ。

 

 

髪型や髪の知識ももちろん豊富なので指名しない理由はないんじゃないかなと。

 

 

よく行く美容室のホームページとにらめっこしてから指名する人決めちゃいましょうよ。

 

 

自分は仲良くなった美容師さん(店長さん)を通じてさらに美容師さんを紹介して貰ったりしてますよ。

 

 

そこから更なる人脈が広がる可能性だってあります。

 

 

それに、お店に行くとスタッフの皆様が自分を知っていてくれる様になるのでとても気分がいいですよ。

 

 

いろんな話をする中で、仕事のヒントになったり人付き合いの機敏になったり、紹介があったりといい事づくめです。

 

 

なので、美容室では美容師さんを指名して積極的におしゃべりする事をおすすめします。

 

 

自分から話しかけられなくても、指名してればあちらから色々話振ってくると思いますよ。

 

 

相槌打って話聞いてるだけでもいいです。

 

 

最初はハードル高いと思いますが最初だけです。

 

 

この間も大変ためになる情報を頂くことができました。

 

 

それは

 

 

 

 

 

俺の頭皮は柔らかい!らしい(笑)

 

 

 

 

ま、これは一例ですが(笑)

こういうのもあります(笑)

 

 

なかなか言われないですよ、頭皮柔らかいですねって(笑)

 

 

比較したことないけど(笑)美容師さんが言うんだから間違いないないですよね。

 

 

どうやらストレスがあまりないので頭皮にも負担がかからなくなるみたい。

 

 

更に、男性では硬い人が多いので珍しいらしいです。

 

 

はい、これで話のネタget。

 

 

次行く時はこの話で盛り上がれるし、自分の小ネタとしてストックしておけばいいんです。

 

 

こういうコミュニケーションを取りながら仲良くなっていけばいいんじゃないかと思うんですよね。

 

 

 

人見知りでも心弾ませながら美容室へ行く事ができればあっという間に楽しい時間に変わるし有意義な時間にする事ができます。

 

 

なので雑誌なんか見てたりスマホで自撮りなんかしてる場合じゃないですよ。

 

 

ホントに気分変えたかったら、美容室で美容師さんとコミュニケーション取る事をおすすめします。

 

 

美容室へ行ったことない方や行きそびれてしまっている方は、ちょっとの勇気だけ持って行ってみてください。

 

 

ここから新たな世界がスタートするはず♪

 

 

どんどん楽しくなってくるよ。

 

 

 

心のはなし

どうも、GWも絶賛仕事中のじゅんです。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

また前回のブログから間が空いちゃいましたよ。

 

でもいいんです。

 

このブログはゆるーく書くって決めましたから。

 

書くときは書くと思うので長いお付き合いができればいいな。

 

 

体大丈夫??

このブログを見てる方、どれだけいるのかわからないけど、体の調子良いですか?

 

それともあまり調子良くない?

 

自分は楽しい事やうれしい事があるときは体の調子が良いです。

 

例えば何か楽しい予定が何日後かに入っていて、今現在、体が思うように動かなくてもです。

 

調子は悪くならない。

 

でも、逆にやる気なくしたり不安になる事があると、体はキレッキレに動いても調子はイマイチ。

 

心がついてこない感じ。

 

体だけが先行してしまって、いろんな事を感じる心がない状態。

 

色々こなせるが故に感じる虚無感。

 

心と体は同じ方を向いてないと駄目。

 

よく心・技・体っていうけど、心と体があっての技なんだ。

 

強い心

その昔、心はコロコロその時々で変わるから心だって教えてもらった。

 

そんな心をより強く、熱くするにはどうしたらいいんだろう。

 

それには自分を信じることだ。

 

この世で唯一無二な自分という人間を疑いなく信じること。

 

誰より自分を理解し、愛し、信じぬくことが大事だ。

 

余計な飾りはいらない。

 

自分の持っている、まだ眠っている力を信じる事。

 

そして明るい未来と自尊心に満ちた自分を想像する事。

 

これができれば強い心は大きくなり、まわりの心をも惹きつける。

 

心を強くするという事は自分を信じる事であり、幸せになる事である。

 

そんな心には同じような心を持った人が集まりだす。

 

想像する事

体の限界や体力の限界ってよく聞くけど、心の限界って聞かないよね。

 

きっと心を作っている想いや考え方って限界がないと思うんだ。

 

地球が生まれて何万年経ったかわからないけど、人の想いや考え方が未来を作ってきた。

 

月に人を送ったり、携帯電話を作ったり、人工知能を作ったり。

 

最初は小さな想いかもしれないけど、豊かな未来を夢見て想像を繰り返す事。

 

その小さな想像を重ね合わせていくと、薄いガラス板を何枚も重ね合わせていくようにやがて濃く厚い信念の塊になり、想像は揺るぎない現実へ変わっていく。

 

そう、想像は夢を叶えるためにはなくてはならない1ピースなんだ。

 

魅力ある人になる

誰から見ても素敵に見える人っているよね。

 

この人についていきたいって本気で思える人。

 

男女や年齢に関係なくかっこよく見える人。

外見じゃなく、生きざまがかっこいい人。

 

こういう人って例外なく考え方や言動に責任を持って行動できる人だよね。

 

そしてそれをまわりに押し付けない。

 

魅力ある人って、やっぱり心が強い人がなるべくしてなるんだと思う。

 

水を注ぎ続けるとコップの中からいつか水があふれ出すように、魅力も自然とあふれ出すもの。

 

ひけらかすものじゃない。

 

そんな魅力ある人に自分もなりたい。

 

 

 

癒しとうましを求めて池袋上陸!

こんにちは。サラリーマンブロガーのじゅんです。

 

 

今日もいい天気ですね。

 

 

こんなにいい陽気の日にはどこかへ行ってしまいたい。

 

 

 

f:id:luckyjun15:20170425132233j:image

 

 

 

できればこういう所で都会で傷付いた身体とハートを癒したいものです。

 

 

新鮮な空気と心地のよい風に当たって、マイナスイオンをカバンにつめて全部持ち帰りたい。

 

 

でもそこは肩身の狭いサラリーマンなので、せめてもの気晴らしに外出してみました。

 

 

あ、俗に言う営業というやつです(笑)

 

 

 

 

今日は今月末にイベントを行う池袋へやってきました。

 

 

久しぶりに上陸した。

 

 

なかなかこないんだよな、池袋。

 

 

久しぶりに上陸した感想。

 

 

 

 

 

 

・・・人多くね??

 

 

 

 

 

 

普段は新宿によく行くんですが、人の密度は池袋の方が多い気がする。

 

 

で、靴屋のお兄ちゃんの声の掛け合いがすごい(笑)

 

 

でもあれ聞いて靴買う人いるのか?

 

 

威勢の良さにキップがいいからと靴を買う人がいるのだろうか。

 

 

これで暑くなってきたらちょっとヤダなと思いつつランチへ。

 

 

f:id:luckyjun15:20170425133355j:image

 

 

今日のランチはここ。

 

 

キッチンABCさん。

 

 

池袋での洋食の評価は高い。

 

 

 

f:id:luckyjun15:20170425133518j:image

 

 

 店内はほぼ満席。

 

 

お昼時はしょうがないかな。

 

 

でも運良く座れたよ。

 

 

このお店に来たら食べたいものがあったんだ。

 

 

 

f:id:luckyjun15:20170425133642j:image

 

 

ばーん。

 

 

オムカツカレー。

 

 

オムライス,カツ,カレーとみんな大好きな3種の神器が一度に食べれる有難い一品。

 

 

食べる時は拝んで食べたよ。

 

 

 

オムライス、ありがとう。

 

 

カツさん、ありがとう。

 

 

カレーパイセン、あざす。

 

 

 

お会計の時も『またよろしく』なんて目を見て言われたら、ね。

 

 

またくるよねー。

 

 

池袋ランチの予定のある方はこちらからどうぞ

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13130238/

 

 

これからも美味しいと思ったお店やいいなと思ったものがあったら紹介していきます。

 

最高の準備をするという事

どうも、ゆるゆるブロガーのじゅんです。

 

 

ブログ書くぞ宣言をしてから早2日、自慢のゆるゆるぶりがさく裂してます。

 

 

土曜日だというのに今日は休日出勤をしてきた。

 

 

朝早く起きるのは苦手じゃないけど、世間一般で休みの方が大半の土曜日はできることならゆっくりしたい。

 

 

休むのは無理とは分かっていても少しはグダグダしたいのだ。

 

 

布団から出るときは休みとの決別を自分に言い聞かせてから出たい。

 

 

つまりは自分の意志で起きたいんだよ。

 

 

そして自分なりのペースで仕事の準備がしたいのだ。

 

 

前々日から出勤することは分かっていたのだが、今朝は体が重かった。

 

 

そこへ、追い打ちをかけるように朝からケータイに着信の嵐。

 

 

 

 

 

 

うっせーなw

 

 

 

 

 

そんな訳で無理やり起こされ、結局何の準備もできず気分も晴れぬまま仕事へ行ってきた。

 

 

一言言っておくと、仕事が嫌なんじゃなくいい準備をしていいスタートができなかった事が嫌だったんだ。

 

 

始まりは大事だよ。

 

 

一日の始まりは朝。一年の始まりは元旦。

 

 

よくスタートダッシュっていうけど、スタートするときにトップスピードになっている事ってものすごく大事。

 

 

徐々にスピード上げていけばって思うけど、短期的に追いつくには結構大変だよ。

 

 

いやいや、長期的に見てるから最初は慣らしながら、なんて事言ってると勝負に勝てない。

 

 

よく人生は長距離マラソンのようなものって言うけど、俺は違うと思う。

 

 

人生は短距離走の連続で成り立っているのだ。

 

 

短距離走が連なって長距離走に見えているだけだ。

 

 

なので、常に全力で走らなければいけないし、いいスタートを切るための準備をしなくてはならない。

 

 

この準備というやつがいいスタートを切る為の絶対条件になるのだ。

 

 

 

なのでスタートでつまづくという事は、準備を怠っている事に他ならない。

 

 

プロスポーツ選手が開幕戦や試合開始直後にグダグダしていたら嫌じゃない?

 

 

俺はプロスポーツ選手ではないけれど、仕事をする事でお金を貰うプロなんだよ。

 

 

プロである以上、またその自覚がある以上は準備を怠ってはいけない。

 

 

準備の時間を作らないといいパフォーマンスは発揮できないのだ。

 

 

なので俺はしっかりと準備の時間が欲しいし、やるからには全力でやる。

 

 

朝がスタートであり、その日のパフォーマンスの出来を朝が決めるのであれば、朝ってすごく大事だよ。

 

 

朝だけじゃない、物事を高いレベルで成し遂げようとするなら始まりを意識しなくてはいけない。

 

 

よく、そんなにとばしてると後でバテるよ、なんていう人いるけど、バテるのもいいもんだよ。

 

 

トップスピードで走り抜ける感覚を知っている人であればバテるときの疲労感の他に達成感がある事を知っている。

 

 

その達成感を味わうためにまた新たな準備をし、再びトップスピードで走るのだ。

 

 

その繰り返しがその人の経験となり成長をしていく。

 

 

繰り返していると前ほどの達成感はなくなり、さらに上のレベルの達成感を欲する。

 

 

達成感に飢えてくるのだ。

 

 

そうなればしめたもの。

 

 

正のスパイラルが回りだし、成功の階段を駆け上ることになる。

 

 

 

 

 

 

 

なので、俺は始まりの朝にペースを乱されるのがイヤなんです。

 

 

しっかり準備をしたいから。

 

 

自分の人生をトップスピードで走りたいから。

 

 

 

 

 

 

明日はいい準備ができるよう作戦を練って寝よう。