じゅんの部屋

日々の出来事や感じた事、考えている事をゆるく綴っていきます☆

2017年に観た一番良かったドラマ

どうも、クリスマスイブも家でぬくぬくブロガーのじゅんです。

 

 

本日は2017年に観た一番良かったドラマについて書いていきます。

 

 

 

 

2017年に観た最高のドラマ。

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独のグルメ

 

 

 

 

2017年だけでなく2016年のときも好きだったし、たぶん2018年も好き(笑)

 

 

そんな孤独のグルメの魅力を語っていきます。

 

 

主人公:井之頭五郎について

 

 

このドラマの主人公は、個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(俳優:松重豊さん)。

 

 

仕事の合間で立ち寄った店で食事をする様子を描いたドラマだ。

 

 

ドラマは主に東京都内の大衆食堂が中心で、昼食がメインに展開される。

 

 

五郎は口数は多くなく、やや人見知りで消極的なところがある。

 

 

食べ物に関して独自の信念を持っていて、五郎はこの信念に基づき食事を楽しむ。

 

 

食べ合わせを気にしたりする反面、同じようなメニューを注文して後悔することもある。

 

 

お酒は飲めず、ドラマ中はウーロン茶を飲む事が多い。

 

 

甘いものが大好きで、顧客先へ向かう途中でスイーツを食べて手土産にする場面が多い。

 

 

ドラマの展開

 

 井之頭五郎が仕事の合間に訪れるお店(主に大衆食堂)での食事がメインに展開される。

 

 

ドラマは1話完結のストーリーとなっており、地域の紹介から始まり食事の終了で完結する。

 

 

お店は実際にあるお店が登場し、芸能人の登場人物もいる。

 

 

1話の前半は五郎の仕事の様子や訪れた地域の紹介、お店や食事へのキーとなる手がかりがある。

 

 

ここでの五郎の物事への考え方やとらえ方が後半の展開へのポイントとなる事が多い。

 

 

後半は主にお店の事、そして食事。

 

 

この食事中の五郎がなんともいいのだ。

 

 

 

五郎の表情や食事シーンがこのドラマの全てだと断言するので是非映像で観て頂きたい。

 

 

お店について

 

 

このドラマに登場するお店は、全て実在するお店だ。

 

 

ドラマの中では芸能人等が役で演じているが、1話終了時のお店紹介の際に実際のお店の店員さんが紹介される。

 

 

五郎が訪れたお店や食べたメニューは人気が高く、それを目当てで来店する人も多い。

 

 

お店によってはドラマ内で五郎が実際に座った席が表示されているお店もある。

 

 

ドラマ内のお店を実際に巡ることができるアプリもある。

 

 

まとめ

 

 

とにかく一度観てほしいドラマだ。

 

 

私が最初にこのドラマを観たのは、テレビ東京の深夜番組で何気なく観たのがきっかけだ。

 

 

時間が時間なだけに、お腹が空いて困ったこともある(笑)

 

 

中年の井之頭五郎が、東京の街(たまに県外も)の実際にあるお店に入り、ご飯を食べる。

 

 

実際にお店へ行きたくなりますよ、ホント(笑)

 

 

五郎の無骨で実直な気質と食に対する考え方や食べ方、そして食べるものの捉え方。

 

 

時にはおちゃめな一面も見せ、その外見とのギャップが見ていて非常に面白い。

 

 

私は五郎の食べている時の表情が大好きだ。

 

 

観終わった後に何とも言えない幸せな感じが残る、数少ないドラマだ。

 

 

明日への元気がちょっとおすそ分けしてもらえる、私はそんな孤独のグルメというドラマを2017年お薦めのドラマとしたい。

 

 

f:id:luckyjun15:20171224193808p:plain

 

 

孤独のグルメ DVD-BOX

孤独のグルメ DVD-BOX